じゅうたんの保管方法について

 どこの家庭にもじゅうたんが一枚はあるかと思います。各部屋ごとに敷いているという家庭も多いでしょうし、夏は毛の短い涼しげなものを、冬は毛の長い温かいものをといったように季節によって使い分けているという家庭も多いのではないでしょうか。店舗で購入する以外にもネットでも購入できるようになったため、昔に比べるとじゅうたんは安くそして手軽に購入できるようになりました。部屋全体を覆うようなタイプのものでなくても一部を覆う小さなものでも購入できるようになりましたし、じゅうたんの材質はもちろん、その色やデザインもいろいろ選べるようになりました。


そんなじゅうたんですが、その保管方法には気を配らなければなりません。その上で座ったり寝ころんだりするわけですから、保管中にカビが生えたり、ダニの寝床になったりすることは避けなければなりません。 じゅうたんは保管する前にいくつかしておくべきことがあります。まずしておきたいのが汚れ取りです。じゅうたんは人が生活するスペースです。小さいお子さんのいる家庭でなくても食べカスなどが落ちているということはあります。食べカスなどをそのままにして保管するとカビや虫が発生する原因になってしまうためよく取り除いて下さい。また、汁物をこぼした際は、乾燥すると取り除きにくくなるので、こぼした時に念入りに汚れを取って下さい。取り忘れがあると、これもカビや虫が発生する原因となります。次に、ホコリを取りましょう。その際、そのまま掃除機をかけるのではなく、まず半日ほど天日干しをしましょう。乾燥させることでホコリが取れやすくなります。軽くはたいた後、掃除機をゆっくり丁寧にかけましょう。汚れをとる際に洗った場合は、天日干しをしてよく乾燥させてから保管して下さい。少しでも湿気が残っているとカビが発生する原因になります。 次に保管方法です。


カビが発生しないように湿気の多い所や風通しの悪い所には保管しないようにしましょう。折りたたんで保管している方をよく見かけますが、折りたたむと形が崩れてしまうので、丸めて立てて保管しておきましょう。湿気対策として新聞紙で包んでおいたり、乾燥材と一緒に袋の中に入れておくというのも効果的です。なお、次に使う際はもう一度天日干しをしてから使うようにしましょう。 昔より安くなったとは言え、それでも高いものであれば数万円はします。多種多様なじゅうたんの中からお気に入りの一枚を見つけ、長く使えるようにその保管方法には気をつけるようにしましょう。