じゅうたんの買い替え

我が家は6年前に新築の二世帯住宅に建てなおしました。その時に、以前住んでいたマンションから家具は持ってきてそのまま使ったのですが、じゅうたんやカーテンはその部屋に合うものを置かないといけないので、ひとつもありませんでした。そこで、家の受け渡しが済んでからすぐに、カーテンだけは夜になると必要になるのですぐに買って取り付けておいたほうがいいだろうということで、近所のカーテンじゅうたんセンターに行き、買い揃えました。家は3階建てだったので、全て必要なカーテンをあわせるとかなりの量になってしまいましたが、最初に揃えてしまえばあとはそのまま洗濯をしながら使っていけばいいので、安いものといいものを組み合わせながら買いました。でも、我が家には大きめの犬がいるので、フローリングなどがすぐに汚れてしまいます。その為、高級なものは買えませんが、リーズナブルなじゅうたんを新しく何度か買い換えました。

じゅうたんにおける仕組み

じゅうたんにおける地布については、重くて、しかも厚い生地かつ織物であり、羊毛や綿、麻やわら、これらに似せている合成繊維によって作られており、基準となっている編み目によって結ばれているか、膠によって接合されております。また、それらについてはある横幅によって切られており、縫い合わされた上で、クッション材による上に釘や鋲、あるいは接着剤によって付けられています。その結果によって、床の上においてはゆるく置かれている敷物やマットと、床に付けられている敷物とは区別されています。そして、床の全体について覆っていくだけではなく、型取りによって様々な部分にも取り付けが可能であり、事実上においては、それらについてはじゅうたん本体やクッション、ならびにそれらに関する取り付け方法からなっているシステムとなっています。

家庭で使われているじゅうたん

じゅうたんは世界中の家庭で使用されています。そして、色々な種類があります。たとえば、コットンラグ、ジャギーラグ、キルトラグといった色々な素材のじゅうたんがあります。また、大きさも小さなものから大きなものまであります。日本の一般の家庭では、季節によって素材を使い分けています。冬は寒いため、暖まることが出来るよう、ふかふかであったり、夏は暑いため、接すると冷たい特殊な素材を使ったりしています。日本の家の中でも、脱衣場に敷いたり、トイレに敷いたり、玄関に敷いたり、リビングや部屋に敷いたりと、1つの家の中でも多くの場所に見受けられます。イメージしたい部屋の雰囲気によって、いろんな色を選ぶことができ、落ち着いた部屋にしたい時は、白色、茶色といった色を選んだり、おしゃれな部屋にしたいときはピンク色を使ったりと、じゅうたんの色で部屋の雰囲気を変える働きがあります。