上手なじゅうたんのお手入れの仕方。

じゅうたんのお手入れを上手にするにはいくつかのポイントがあります。このポイントを抑えてお手入れをすれば、お気に入りのものも、高価なものも長く大切に使うことができます。お掃除は週に1回から2回は掃除機をかけましょう。リビングなどたくさんの人が集まり、たくさん使われる場所は掃除機は毎日かけるようにしましょう。掃除機をかける場合には掃除機で汚れなどがないかを確認しながら毛足の間に隠れているホコリを吸い上げるように掃除機をかけます。


最近では吸引力の強いサイクロンタイプの掃除機などもありますが、あまり吸引力が強すぎるとじゅうたんの表面を削り取ってしまう可能性がありますので、サイクロンタイプの掃除機を使用している場合には吸い込むパワーを弱くしてゆっくりとホコリを吸い上げましょう。掃除機をかける場合は上から押し付けるようにかけるのではなく、最初は毛の流れに沿って掃除機をかけて、次に毛足を立てるように吸い上げると毛足の根元の空気のとおりがよくなりゴミが吸い取りやすくなります。ホコリ以外に気になるのがダニです。ダニ多作としては1平方メートルにたいして20秒程度のスピードで掃除機をかけましょう。ダニは人間が座ったり、食事をするところに集まる傾向がありますので、そのようなところを重点的に、毛足の間からダニや死骸を吸い込むように掃除機をかけましょう。


つきに1回から2回、晴れた日を選んで拭き掃除をするときれいをより長く保つことができます。ひどい汚れの部分はカーペーットクリーナーをしようするとっ頑固な汚れを取ることができます。通常の汚れだけの場合は、バケツ1杯のぬるま湯に家庭用中性洗剤をキャップ1杯から2杯程度いれて、硬く絞った雑巾で拭き掃除をします。拭き掃除をする場合は掃除機を書けるときと同様に、最初は毛並みにそって力をこめて吹き掃除をし、次に毛足に逆らうようにこれもまた、力をこめて吹き掃除をします。このときも掃除機の時と同じ用に毛足を立てるように拭き掃除をします。最後に洗剤を入れていないぬるま湯で硬く絞った雑巾を作り、もう一度拭き掃除をし、じゅうたんの表面が湿っているように感じたら再度乾いた雑巾でしっかりと乾拭きをします。じゅうたんに湿気は大敵ですので、湿気を残さないようにしましょう。じゅうたんはとにかく湿気が苦手ですので、普段のお手入れももちろん大切ですが、室内に湿気を貯めないように豆な換気が重要です。じゅうたんが常に乾燥している状態であれば誇りもとりやすくなりますので、お勧めでです。